アラウンド・ザ・シークレット

エンディング 〜スタッフロール〜

ドルチェ・ビート


 早口のニュースが、木陰の丸テーブルに置かれた防水のラジオから流れていた。まず魔王城の陥落、それから代わりにそこに入った新しい君主の名が伝えられる。続いて今回の企画に関わった、膨大な人の名前が発表された。
 椅子に座ったまま、ぱちん、と骨ばって大きい男の手がそれを止める。うっとしいくらい長い髪は頭のてっぺんでひとつにまとめられて、ポニーテールのようにしてあった。着ているのはちょっと変わったデザインの、半袖の軽いシャツである。そのとなりには子供のような娘が、水着の上に白いパーカーをはおって座っていた。
「やっぱバグだったみたいだぞ。セラフィムに言ってやってくれよ」
 金色の髪をした、こちらも若い男がやってきた。思ったよりもスタイルのいいフーシャの水着姿を見て、口笛を吹く。どかっとあいている席に座ると、やってきたウェイトレスに飲み物を注文した。
「調査は終わったんですの」
フーシャが口をはさむ。バッチリよ、とサーキュラーは彼女に向かってVサインをした。金髪をしたいとこのフーシャに対する視線があまりに遠慮がないので、魔王は椅子の下で彼の足を蹴ってやった。
「で、セラのやつはどうしたんだよ」
おろしたての白いズボンの汚れを払いながら、サーキュラーは堅物の、ただし何をおっぱじめるか分からない、紺色の髪を持ついとこに問いかけた。
 セラフィムはあのシナリオを隅から隅までしらみつぶしに見て、あの一項を発見した。同時に入念に設計されたこの世界に、意外にも大きな隙間が開いていることも見つけ出した。キャラクターの自律性、この条項は勝利者への景品でしかないフーシャにも、見事に適用されていた。
「腰が痛いとか言って家にこもっている。無茶をするからだ」
 それを聞いてサーキュラーが笑いこけた。フーシャはびっくりして魔王に聞いた。
「えっ……看病してあげなくていいのですか?」
今度は魔王ですらおかしそうに笑った。
「姫。神々をどうやって看病するおつもりだ。それにセラフィムの家には今入れぬ」
 フーシャ姫は勝利者のしるしだ。ただし、フーシャを手に入れることと物語の勝利者になることはイコールではない。この部分は関連づけて構築されていないのだ。ゆえにストーリー上で敗者となっても、フーシャさえいれば消去はまぬがれる。
 おそらくプログラム上のミスであろう。セラフィムが見つけ出したのはここだった。自走するフーシャの感情に賭けたのは魔王である。そしてその大博打に彼は勝った。
「ついアツくなってやりすぎたと言ってたな。俺が拾いに行ったときは本体のまんま、床にでっかくのびてた」
 サーキュラーが笑いながら言う。彼は適当に最終戦を切り上げ、白髪の従者を助けにいった。レベルアップしたジーク達には手応えのない戦いだっただろう。
「もうちょっと真面目にやれ。おかげで私が大変だったのだからな」
 魔王の本性は黒いドラゴンだ。戦闘後、力尽きて倒れた巨大な竜に、フーシャは泣きながらとりすがった。
「魔王様! 起きてくださいまし!」
 そこへ大変な苦労をしてサーキュラーがセラフィムを引きずってきた。人のままではとうてい無理だったから、金色の蜘蛛のすがたで現れた。フーシャが肝をつぶしたのはいうまでもない。
「俺だ、俺」
 金蜘蛛が言ったが彼女には分からなかった。ジークが泣いているフーシャのところにやってきて、その手を取る。強引に腕を引っ張り、竜から引き離そうとした。
「いやですわ」
彼女はその手を振り払った。こっちへ来い、と彼はさらに強い力でフーシャの腕をつかむ。
「あなたなんかだいっきらい!」
 彼女は大声で叫んだ。それが進行上の合図になった。

「ここはどこなんだろうな」
 海からの風に吹かれて、デッキチェアに寝転がったサーキュラーが聞く。同じようにデッキチェアに転がった魔王が、さあな、と答える。フーシャは砂浜を走って泳ぎに行ってしまった。のんびりとした、それでいてテンポのいい音楽がどこかから聞こえてくる。
「どっかの南の島だろう。隠しファイルかもしれん」
「ワンシーン、丸ごとか」
「そんなこともあるかもしれんな」
 白い髪と赤いマントの従者が、くつろいでいる彼らの前に突然、出現した。いやー参りました、と相変わらずのんびりとした口調で、魔王とサーキュラーの前にやってくる。
「もういいのか」
 なにごともないように魔王が聞いた。彼は
「ああいうのはしばらくやりたくありませんねえ。わたくしももう年ですし」
と、いつものように返事した。
「なんで神サマ、辞めちまったんだ」
 そう聞くサーキュラーに、セラフィムは笑って答えた。
「みんなの願いを聞くのは大変なのですよ。魔王様ぐらいでしたら楽なものなんですが」
 魔王がおや、という顔をする。
「この島はお気に召しましたか」
彼は自分の主人に、紅茶のいれぐあいを聞くのと同じような調子でたずねた。

 

 モドル TOPへ 

inserted by FC2 system